持続可能な生産と消費
(つくる責任つかう責任)


国連は、2015年9月に持続可能な社会形成に向け2030アジェンダを採択しました。

169のターゲットで構成されるSDGs持続可能な開発目標17を掲げています。

特に重要だと考えるのが目標の中の12番。
この目標にはフードロスをなくすといった具体的なアクションも含まれています。

グローバルな社会の中、
何気なく暮らしている私達は
知らないところで様々な課題を生んでいます。

私達の暮らしで使われたゴミが、マイクロプラスティックとなり生き物たちの命を奪っている!
ニュースも伝えるようになりました。

私達のライフスタイルが
世界の課題と密接に繋がっていることをもっとみんなに知ってもらいたい!

 

えしかるがお借りしている場所は公共性、公益性が高いと思われる団体を
コンペで選び最長て3年使用する事が出来ます。

SDGsの周知に加え
宮城県内の、健康に良いものづくり!環境と共生し業を営む!
生産者を紹介する。

そんな想いでコンペを制し
2018年4月福幸食堂えしかるが
オープンしました。

えしかるという言葉は、倫理的な…環境的な…という意味の形容詞で、
環境にも社会にも良い!と
解釈できます。

生産者の想いを乗せて
食事を提供していく食堂!

関わってくれた多くの方々に支えられこれから…という時に
世界を震撼させたCOViD19が発生してしまいました。

くやしい気持ちいっぱいで早々と自粛することに決めました。
福幸食堂えしかるの約2年間を振り返り
新しい社会に向けて
これからえしかるで出来ること!をイメージしています。

店舗はNPOプラザにお返しすることになりますが
宮城の生産者と共に
新しい形で福幸食堂えしかるを
続けていきますので
引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

これまで福幸食堂えしかるに寄せられた多くの皆様のご厚情に

こころより感謝申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

オーナー海 2020年5月末日

スタッフからご挨拶

番長は

普通の女の子に戻ります。

(*≧з≦)

突然ですが、
残念ながらえしかるは再開することなく閉めることになりました。
オーナー海ちゃんの決断。
私も最近知ったんだけど。笑
皆さんにお会いできるのを楽しみにしていたのに残念です。
常連のお客様の顔が次々に浮かびます。
お会いしてお礼が言えなかったことが残念でなりません。
店舗はなくなってもえしかるは続いて、海ちゃんがウェブ上で何かを発信していくらしいですよ。

そして、、、
なおちゃんの悲しみの写真と、2号の悲しみの写真です。
っていうか、どんなときでも笑いが耐えない私達( ≧∀≦)ノ
あんまり悲しいから近所にごはん食べに行っちゃいました。
悲しみのあまりミックスフライとかカツ丼とかもしゃもしゃ食べました!笑

最後に数日だけでも営業したいな~
と、なおちゃんと2号と企んでおりますが果たして実現するのか

さて、番長。
次はどこに現れようかなぁ( *´艸)

             番長 2020年5月末日